『キンプリ』観てみた。

今年上映され話題騒然となった『KING OF PRISM by PrettyRhythm』略してキンプリ、レンタルDVDになっていたのでさっそく借りてきて観てみました!
地元の映画館ではやっていなかったのでDVD待ちだったのですが、ちらほら感想とか評判を聞いてすごく気になっていたのですよ~。
というわけで以下、ネタばれ含む感想です。


スポンサーサイト
 

オメガバース物読んでみた。

近年よく耳にするようになった「オメガバース」
欧米発祥のBLのジャンル、というのはなんとなく知っていたのですが、最近買ったBL漫画で初めてオメガバース物を読みました。
なるほどこういうことだったのね……!!

というわけで以下、最近読んだオメガバース漫画の感想です。
BL作品についての記事なので苦手な方はご注意ください。


 

ねんどろいど写真まとめ⑦

ねんどろいど写真まとめ第七弾。
今回は「あの頃の田舎暮らし始めました」編です。
発売前の予告で見て一目惚れし、予約しておいた食玩が届いたので写真バシャバシャ撮りました(笑)


 

今日から再び牧場ライフ!

牧場物語シリーズの最新作、『牧場物語 3つの里の大切な友だち』が23日発売になりましたね~!
私も今日、予約していたソフトを買ってきました~(*^^*)

20160624215651b81.jpeg

このシリーズ大好きなのですよ。
畑耕して動物のお世話をして、魚を釣ったり料理をしたり。
そんなスローライフがたまらんのです。
そして恋愛要素もあるのですよ! 
最近のぼくものは恋愛イベントもキュンとくるようなストーリーだったりするので、今作ではどんな感じかな~ととても楽しみにしています。

ただですね。どうにも飽きっぽい私はこれまで一度も結婚までこのゲームを続けられたことがないので……
(大抵二年目の春くらいで飽きてしまう。結婚相手候補とも恋人になったくらいで飽きてしまう)

今作こそは目指せ結婚! それまで続けるぞ!! を目標にやっていこうと思います(笑)

そしていつかは異世界でスローライフを送る、みたいなお話も書いてみたいですねえ。
そういうお話も大好物です!!

 

『SEX PISTOLS』9巻読んだ!

待ってましたセクピス新刊!
新刊情報を見た時には狂喜乱舞しましたよ~!!
そして喜び勇んで買いに行き、読み終わった後はムフフムフフと幸せの余韻に浸りながら何度も読み返しました(笑)
セクピス大好き!!

というわけで、以下は若干のネタばれ含む感想です。
BL漫画の話なので苦手な方はご注意を。


 

『残穢』観た。

今日、レンタルしてきた『残穢』のDVDを観ました~。

めっちゃ怖かった。
めっちゃ怖かった。

最後の方は涙目になってました。
だってまじでめっちゃ怖かった。

元々怖がりでホラーとか苦手なんですが、怪異の因果関係が解き明かされていく過程とかがすごく好きでたまに無性に観たくなったり読みたくなったりするのです。
一度観たり読み始めると続きが気になって止まらなくなるというか……
「どうしてこうなってしまったのか」
「この先どんな結末を迎えるのか」
が気になって気になってしょうがなくなるんですよね~。

原作を読んだ時もそんな感じで、すっごい怖いのに気になって止まらなくて最後まで読んでガクブルするという。
原作もめっちゃ怖いです。リアリティがあって、今自分が手に取っているこの本を通して自分にも穢れが移り、身の回りに怪異が起こるんじゃないかと本気で怖くなりました。

原作を読んだ時はついうっかり夜に読み始めてしまってえらい怖い思いをしたので、DVDは真昼間に観るぞ!! と鑑賞開始。
……ええ、昼間に観ても怖かったです。
怖いシーンは直視できなくてテレビの横を観たり目を細めたりスマホ見たりしていました。
すっごい怖いんですけど、でもやっぱり一つの怪異の原因を追っていく内にどんどん連鎖して繋がっていく感じが面白いなあとも思うんです。

ただ一つ声を大にして言いたいのは、この映画に限ったことではなくホラーゲームとかもそうなんですが、

何故夜に幽霊屋敷の調査をするのか!!!
昼間に行け昼間に!!!


夜のシーンとか家の中にいても全体的に暗いので、心の中で何度「部屋の照明をLEDの白色にしろ!! オレンジは怖い!! 灯りを煌々とつけろ!! まずはそこからだ!!」と叫んだことか。
まあそんな明るい光の中じゃホラーらしくないのでありえないのはわかっているのですが、そう思わずにはいられないくらい怖かったということです。

しかもこれで無事切り抜けた……と思った後の追い打ちがすごくて、怖がりな私にとっては本当に本当に怖い作品でした。


 

ねんどろいど写真まとめ⑥

久々のねんどろいど写真まとめ第六弾。
今回は「ガチャガチャでゲットしたアイテム編」です。
最近あまり写真を撮っていなかったので数は少なめですが、予約しておいた食玩が今日届いたので近々また大量に撮影する予定です(笑)

 

『ギルティクラウン』見た。

以前ノイタミナで放送されていたアニメ『ギルティクラウン』を見ました~。
友達からEGOISTはこのアニメから派生したと聞き、かつ「私はハマって見ていた」と聞き、俄然興味を持ったのです(笑)
そしてまずは1、2巻を借りてきて見てみたところ、続きが気になってしょうがなくなり、続きを借りてきて休みの日に一気に見ました!! 面白かったです~。

『ギルティクラウン』は近未来の日本が舞台です。
突如発生した「アポカリプスウイルス」と呼ばれる未知のウイルスにより荒廃し無政府状態となった日本は、アメリカ軍を中心とするGHQの支援と統治を受けようやく秩序を取り戻していた。
ウイルスの発生から十年、主人公で男子高校生の桜満集(おうましゅう)はある日、GHQから最高機密を盗み出して逃亡中の楪いのり(ゆずりはいのり)と出会う。彼女はなんと、集が憧れるウェブアーティスト「EGOIST」のボーカルだった。
GHQに捕まってしまったいのりに代わり、彼女が届けようとしていた最高機密をGHQに敵対するレジスタンスグループ「葬儀社」に届けることにした集。そして彼は「葬儀社」とGHQの戦いに巻き込まれ、最高機密「ヴォイドゲノム」によって「王の能力」を宿すことになる。
その能力は、人の心を物質化して使う能力。(主に武器として使われます)
元々は「葬儀社」のリーダーである恙神 涯(つつがみ がい)が宿すはずだった能力を宿してしまった集は、その後もレジスタンス達の戦いに巻き込まれていきます。

個人的な感想ではありますが、予想とは違う方違う方に話が展開していって、良い意味で「先が読めない」感じが面白かったです。
登場人物達(特に主人公)が何度も悩み、間違え、苦しみ、傷つきながら前に進んでいこうとする姿に目が離せませんでした。
ちなみに主人公けっこう酷い目に遭います(笑)
胸が苦しくなるような展開も多いですが、それでもやっぱり見終わった後に「面白かった」と言える作品でした。
あと、OP・EDの歌と映像がすごく好き!!
これからしばらくはEGOISTとsupercellの歌をヘビロテで聞いていると思います(笑)


 

拍手お返事

たくさんの拍手ありがとうございます!!
以下は、拍手にてコメントを下さった方へのレスです。


 

【お知らせ】書籍化作品の移行について。

※こちらは6月1日のX活動報告と同じ内容です※

本日、「小説家になろう」のサイトにて「ダイジェスト化の取り扱いとその他規約に関するお知らせ」が発表されました。
9月1日より、書籍該当分をダイジェスト化して残しておくという形での掲載が全面禁止になるようです。

拙作では「ヒヨクレンリ」「旦那様は魔法使い」の二作品がそれぞれアルファポリスより書籍化されておりますが、どちらの作品も大きな流れに沿って書く形式ではなく、好きな時間軸の話を好きに書くオムニバス形式での連載だったため、「掲載分でストーリーが完結している小話や外伝のみを残し、本文は全て削除を行なう」に該当すると判断し、書籍化後も該当分のみを削除、ダイジェスト化はせずに掲載しておりました。

しかしながら、今回の発表を機に改めて該当作品の掲載状況を鑑みた結果、書籍化作品の跡地は公開の場を別に移した方がいいのではないかと考えました。
そこで、現在ムーンライトノベルズで公開している「ヒヨクレンリ」「旦那様は魔法使い」「旦那様は魔法使い 短編集」の三作品をアルファポリスのサイトに移行しようと思います。そして移行後、ムーンライトノベルズ版は削除いたします。
そして今後、該当作品に新たに番外編等を書く場合には、アルファポリスのサイトでの更新とさせていただきます。

まだ具体的な日程は決めておりませんが、8月31日までには移行しようと思います。
移行前、特に該当作品の削除前には期間に余裕を持って事前に告知させていただきますので、ご理解いただけたら幸いです。

なお、該当作品にお寄せいただいた感想などはDLして大切に保管させていただきます。
これまで拙作を読んでくださった皆様、本当にありがとうございました!!
そして公開の場を移した後も、拙作を楽しんでいただけたら幸いです。


05 | 2016/06 | 07

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

なかゆんきなこ

Author:なかゆんきなこ
小説、漫画、アニメ、ゲーム大好き。
趣味で文章書いています。
現在『小説家になろう』『ムーンライトノベルズ』にて活動中。
自サイト→『きなこもち。』